スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世話が出来ないなら猫を飼うな。(ショックだったこと。)

2009/08/12 15:00
…と思う出来事が昨日ありました。
仕事帰りに友人と遅い夕食を食べに行ったのですが、小さな小道のわきでまだ生後一ヶ月くらいの仔猫ちゃんが轢かれて死んでました。白地に薄い茶色のブチでした。可愛かったのに…。
このままだとどんどん轢かれて可哀想だと思ったので、車を止めて私はその仔猫ちゃんをどかしてあげました。不幸中の幸いで、仔猫ちゃんはもう息はなかったけれど、綺麗なままだったから良かったのかな…。
ボロ屋に人の住んでる気配があったので、ドアを叩いて「このままじゃ可哀想だからちゃんと埋めてあげて欲しい」と伝えようとしましたが、出てきやしねえ。テレビの音は聞こえてたし…。
…そしたら、そのボロ屋の中から仔猫が出てくる、出てくる、出てくる、出てくる…
キジトラ、ブチ、三毛猫、5匹か6匹はいたと思います。小さな仔猫ちゃんのほかに、少し大きい仔猫ちゃんもいたので、兄弟姉妹猫なのかなあと思いました。最初は母猫かと思ったんですが母猫のわりには小さすぎたし。
ぶっちゃけ、こんな過酷な環境で仔猫がマトモに育つとも思えなかったし、一匹だけだったらつれて帰って育てて、大きくなったら里親探せると思ったけど、5匹も6匹も全部のにゃんずを県をまたいで実家に連れて帰るのなんか到底無理だし、諦めました。それにうちには二匹、もう先住猫がいるんだよ…もう無理だよ…。
一時間くらい経って、だめもとでもう一度訪ねてみたら、入り口の脇に寝かせた仔猫ちゃんの死体はもうそこにはなかったので少しは安心したのですが、やっぱり人間が住んでてこの猫ちゃんたちを飼ってるんだ、空き家に住み着いちゃっただけじゃないんだ、というのがわかって余計に腹が立ちました。
うーん、ちゃんと育てるつもりがないんなら最初から飼って欲しくないんですけどね。

あぁ…
なんか私自分の選択に自信がなくなってきた…ショボン。



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。